【ご報告】第1回ヨガリトリート合宿(2021年12月開催)


鳩のポーズ

みなさん、こんにちは。



YOGIWAY 代表のユウキ(@yogaboy_jp)です。



2021年12月27日〜30日に

YOGIWAY初開催となる

【3泊4日】ヨガリトリート合宿@野尻湖

を開催しましたので、

今回はその報告をさせていただきます。



【目次】

  1. 実施報告

  2. そもそも「ヨガリトリート合宿」とは

  3. なぜ「ヨガリトリート合宿」を企画したのか

  4. 【1日目】ヨガリトリート合宿開始

  5. 【2日目】ただただヨガ漬け

  6. 【3日目】疲労のピーク。それこそが至福。

  7. 【最終日】狂気の「1008回太陽礼拝」

  8. 今回の総評




実施報告


日程:2021年12月27日〜30日

宿泊:3泊4日

人数:12名

年齢:平均 35歳

男女:50%男性、50%女性

場所:長野県野尻湖(Nojiri Lake Resort



そしてなんと

お客様満足度は100%以上!



総勢12名の方からご参加いただき

心身ともに、とても満たされる合宿となりました。



ご参加していただいた方々、

誠にありがとうございました。



合宿の詳しい様子などは

参加者の方のYouTubeをご覧ください。

※ 合宿のスケジュールなどは

こちらからどうぞ。




そもそも「ヨガリトリート合宿」とは


リトリート(Retreat)とは

「日常から離れた場所で心身をリセットさせるための旅行 or ツアー」

という意味で、

近年は海外を中心に人気のでている余暇の過ごし方です。


リトリートの説明

都会の喧騒から離れ、

自然豊かな場所でヨガや瞑想をおこない、

心身をリフレッシュする。


そして合宿とは

みなさんが学生時代に経験したであろう、

部活動のあの合宿です。


どちらも素晴らしい時間の過ごし方ですが、

リトリートだけでは

仲間との絆はあまり深まりませんし、

合宿だけでは心が休まらず、

少し息苦しさを感じます。


YOGIWAYが主催した

「ヨガリトリート合宿」では、

「リトリート」と「合宿」のいいところだけを

ギュッと詰め合わせ、まったく新しい形の

「密度の高いリラックスした時間の過ごし方」

としてヨガリトリート合宿を定義いたしました。




なぜ「ヨガリトリート合宿」を企画したのか


ぼく、ユウキは小さな頃から

たくさんの合宿を経験してきました。



その数、なんと30以上。



ですので、合宿の素晴らしさを

これでもかというほど体験しているのです。



一定期間、同じ釜の飯を食べながら

一生懸命に活動をする。



そこでできた仲間というのは一生ものです。



ぼくがヨガを教えているのは

ヨガを通じてぼくが今までに培ってきた

「アツい思い」をお伝えしたいからなのですが、

その手段として合宿はまさに最適。



ですので、今回の合宿を企画させていただきました。



ちなみにぼくがヨガを通じてお伝えしたい

「アツい思い」が気になる方は

以下のnoteをご覧ください。




【1日目】ヨガリトリート合宿開始

Nojiri Lake Resortのオーナー
ホテルオーナーのTedさん

合宿の始まりは15時。



現地の最寄駅「黒姫駅」に到着後、

ホテルスタッフの方の送迎を経て

まずはホテルで自己紹介からでした。



手を上げて話しているのは

宿泊場所のリゾートホテル

Nojiri Lake Resort」の

オーナーであり、

総支配人でもある

Ted Skillmanさんです。



オーナーのTedさんと

ぼく、ユウキは元々の

知り合いということもあり

今回はこちらのホテルを

利用させていただきました。



ヨガインストラクター
講師のRURI

ぼくが写真を撮っているので

ぼくの写真はありませんが、

プラントベースフード講座と

ヨガを担当してくれた

講師のRURI(@ranranrariruri)です。


メンズヨガ
メンズヨガ流行の兆しここにあり

自己紹介の後は

早速120分のヨガの時間です。



今回のヨガリトリート合宿は

たくさんの男性の参加者にお越しいただき

日本メンズヨガ協会の代表理事として

とても嬉しい限りです。


三日月のポーズ
こちらはカップルでご参加のお二人

またなぜだかよくわかりませんが、

国際色がとても豊かなのも

今回の特徴でした。



参加者の方の半数以上は英語ができ、

国籍は日本、韓国、ヨーロッパなど。



以前みなさんが住んでいた国は

台湾、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、

マダガスカルにその他諸々と

非常にグローバルな面々です。


三点倒立
挑戦する女性の姿はカッコいいのです

今回の合宿の

クレイジーなスケジュールを見て

ご参加された方々なので

やはり屈強な人たちが集まったのでしょう。



なんせ3泊4日で

17時間のヨガをするスケジュールです。



それも年末。



合宿後にみなさんから

いただいたアンケートには


「素敵な方々やすごい方々と知り合えて

とても良かったです」


と多くの方が記入されていました。



それを1番言いたいのは

ぼくなのですが、本当にみなさん

わざわざ合宿にご参加くださり

誠にありがとうございました。


プラントベースフード講座
夜のプラントベースフード講座

写真はないのですが

1日目はこの後

むれ温泉」という温泉にいき

初日の疲れを癒して終了。




【2日目】ただただヨガ漬け


2日目の朝は

早朝5時から始まります。



5:00 起床

5:30 マインドフルネス瞑想

6:00 ヨガ(120分)


という朝からハードなスケジュールです。


弓のポーズ(ダヌラーサナ)
弓のポーズ(ダヌラーサナ)

YOGIWAYの特徴でもあるのですが、

今回の合宿に限らず

当スタジオのティーチャーたちは

皆国内トップレベルの実力を誇ります。



間違えました。



トップレベルというよりも、

もはやトップの方々です。



YOGIWAYでヨガを教える先生で

1番実力が低いのが、ぼく、ユウキです。



ぼく個人としては

大変お恥ずかしい限りなのですが、

それがYOGIWAYの自慢でもあります。


インストラクターからアジャスト
トップインストラクターからアジャスト

しかし、だからといって、

初心者に厳しいスタジオ

というわけでもありません。



いい意味で、皆に平等で

利己的に利他的な

ドライで暖かい人々が集まるのが

実力派 YOGIWAYという

ヨガスタジオなのです。


※ 詳しくは「私たちの哲学」まで。



ですので、この記事を見て

もしYOGIWAYが気になる方は

まずは一度スタジオまで

足を運んでみてください。



体験クラスはこちらより常時受付中です。


後屈のポーズ
ぼく、ユウキはまだできません。頑張ります。

ちなみにRURIは後屈系が得意ですが、

ぼくはアームバランス系が得意。



人それぞれに得意不得意があり、

それがヨガの面白さでもあります。



そして、ヨガは競争ではありません。



一人一人に自分自身の道があり

その道を進み、深め、時には迷い、

そして、味わいつくすことこそが

ヨガの醍醐味なのです。



ですので、カラダが硬くても

筋力がなくても

ヨガをしたことがなかったとしても

万人に開かれた自己理解への道、

それがヨガなのです。


後屈のポーズ
後屈にチャレンジする参加者の方々

早朝6時から2時間の

ヨガを終えた後は

朝食の時間です。



朝食はホテルに提供していただき、

パンやヨーグルト、

シリアルにマフィンなど、

アメリカンなスタイルでした。

Nojiri Lake Resortで朝食
食事中はリラックス

宿泊ホテルは「野尻湖」という

国立公園にも指定される湖に面しており、

雪と湖と遠くの山々の景色が

とにかく綺麗で最高でした。


YOGIWAYのパーカー
合宿参加者にプレゼントしたYOGIWAYパーカー

9時ごろに朝食が終わり

RURIのプラントベースフード講座が始まります。



今回は

「お肉を使わない春巻き作り」ということで

参加者の方々と会話をしながら

キッチンでひとつひとつ

丁寧に作り上げていきます。

プラントベースフード講座
みんなで作ると楽しいですね

プラントベースフード講座
できる男性はヨガも料理もこなすのです

講座が終わると

またすぐに120分のヨガクラスが始まります。


後屈のポーズ
この姿勢で静止するのだからスゴい

その後はランチタイム。



先程の講座で作った

「お肉を使わない春巻き」を

みんなで美味しくいただきました。



食事が終わると、

すぐに写真撮影の時間。

野尻湖
野尻湖の桟橋でパシャリ

他にも素敵な写真が

たくさんあるのですが、

とりあえずは全体像がわかる

この写真。



そして実はこの時、

外の気温は-8℃でした。



ですので当然、

桟橋の先端も凍っていて

みなさん必死で撮影をこなしましたw



誰も湖に落ちることなく

本当によかったです。笑



野尻湖の標高は654m。



スカイツリーの高さは634m。



つまり、高さを比べると

「野尻湖 > スカイツリー」

ということです。



スカイツリーよりも高いところに

大きな湖があるなんて

なんだか不思議な気分で

幻想的です。

野尻湖
今まで出会った中でダントツ1位の素敵カップル

そして、写真の奥に見えるのが

琵琶島(びわじま)です。



3日目にはカヤックに乗って

雪におおわれた琵琶島までいき、

その中の宇賀神社に参拝をしに行きました。



詳しくは

参加者ラウルさんのYouTube

見てみてください。



その後、

また120分のヨガをして

合宿ならではの「語る」をして

2日目は終了です。



※「語る」とは

ある1つのテーマに沿って

参加者一人一人が自身の経験を語る

合宿の中でも最もアツい時間です。




【3日目】疲労のピーク。それこそが至福。


3日目の朝も

開始時間は早朝5時から。



5:00 起床

5:30 マインドフルネス瞑想

6:00 ヨガ(120分)



変わらずハードなスケジュールです。

戦士のポーズ
早朝6時から120分のヨガ


シャバーサナ
シャバーサナとYOGIWAYロゴ

120分のヨガが

終わった後は放心状態。



カラダの疲れも相まって

余計なことは一切考えられません。



これぞまさに

マインドフルネス。



瞑想にも色々と種類がありますが、

とにかくにまずは動こうが

YOGIWAYのスタイル。



スポーツをやっていた方は

ご存知かもしれませんが、

マインドフルな状態に

最も早くたどり着けるのは

実はカラダをたくさん

動かすことだったのです。

野尻湖で朝食
食事時間さえマインドフルに

ただただ朝食を

食べる参加者の方。



それ以上でも

それ以下でもなく、

ただただ食べる。



今を生きるとは

まさにこのことです。



YOGIWAYが定義する

「ヨガリトリート合宿」では

心地のいい疲労感の上で成り立つ

「完全瞑想状態」を存分に味わっていただけます。

戸隠神社参拝
戸隠神社の参道

朝食をとり終えた後は

新潟県の観光名所

「戸隠神社」へと

向かいます。



ここまで相当ハードな

スケジュールでしたので

ホテルで休憩をしたい方は

自由行動。



参拝希望者のみで

現地へと向かいました。

集合写真
ほほえましすぎる、まるで家族写真

ぼくの中ではこの写真が

1番のお気に入りです。



みなさん

出会ってまだ3日なのに

この仲の良さそうな雰囲気をみてください。



これぞ合宿の醍醐味。



ぼくがもし


「あなたはなぜ生きているのですか?」


と質問されれば、


「好きな人たちと楽しい時間を過ごすため」


と答えます。



企画・運営者の

一想いではありますが、

みなさんの楽しそうなお顔こそ

ぼくが1番求めていたものでした。



ヨガ業界ではよく

日常の小さな出来事に

感謝をするようにしましょう

と教えられます。



その考え方自体は

決して間違いではないのですが、

真の感謝とは

「する」ものではなく

「あふれる」ものなのです。



YOGIWAYのコンセプトは

「本音で生きる。本気でヨガる。」

ですが、

これらを真剣に取り組んだ先に

はじめて真の感謝が

生まれてくるのだろうと

ぼくは思います。

後屈のポーズ
後屈のコツは体の前側を伸ばすことです

ヨガに限ったことではないですが、

みなさんもとにかく今を

本気で生きてみてください。



きっと誰かが

生きたかったであろう今日を、

先人たちが育んでくれた

日本という恵まれた国で

人生を最大限に謳歌してください。



現在流行りの瞑想やサウナ、

ととのう体験、癒される体験も

確かに大切です。



しかし、一度癒された後は

また前に向かって一歩一歩、

しっかりと歩きだしましょう。



そうでなければ、

恵まれていない環境に

生まれてきた方々や、

生きたくても

生きられなかった方々に

申し訳がたちません。



「俺が日本に生まれてたら

もっと頑張ってたよ!」



「無駄に毎日を暮らすだけなら

その命、私にください!」



世界には

このような方々が大勢いるのです。



だからこそYOGIWAYでは

毎日を一生懸命に

「本音で生きる。本気でヨガる。」

ということをお伝えしています。



3日目の夜は冬BBQということで

雪の中でBBQをし、

その後、赤倉温泉という

温泉で疲れを癒し、

最後に2時間「リラックスヨガ」を

ぼく、ユウキが担当して終了しました。





【最終日】狂気の「1008回太陽礼拝」


最終日の朝も

もちろん開始時間は早朝5時から。



5:00 起床

5:30 マインドフルネス瞑想

6:00 1008回太陽礼拝(180分)



一般的なヨガ業界では

108回太陽礼拝が恒例ですが、

YOGIWAYの年末は

1008回太陽礼拝で締めるのです。



「量質転化」